ご挨拶

れいわ新選組のメンバーとなって一年半が経ちました。この間、時代の先端をいく政治を、身をもって感じることができました。れいわが政治の事始めだった方々と違って、旧態依然とした永田町の政治を経験してきた私だからこそ、れいわでの経験を新鮮な気持ちで受け止め、価値を理解することができるのだと自負しています。特に、日本の政治の劣化が止まらない現状にあっては、既存の与野党とは一線を画す新しいグループで活動を再開できたことは幸いだと思っています。ちなみに「勝ち馬に乗ろうとしてれいわに入った」とか「山本太郎を利用するな」といった声はいまだに頂きますが、とんでもない!地元では「安井さんはなんでれいわなんかに入ったの‼」と叱られるばかりで得したと思ったことはありません(笑)

それでもなぜ、れいわかと申しますと、れいわに集う面々が「社会を少しでも良くしたい」という思いだけで自主的に活動していることが民主主義にとって実に健全だから。ノルマや義務感で政治に関わっている限り、本物の草の根民主主義は育ちません。
もう一つは政策です。コロナ対策にしても経済政策にしても、れいわ新選組の出すものは過激です(汗)積極財政の立場を鮮明にした上で、デフレを脱却し人々の暮らしが楽になるまで、世の中にお金が回るようになるまでこれでもかこれでもかと公共投資のメニューを提案します。そこまで言ったらさすがに胡散臭いだろうと心配になるほどに。私は山本代表が次々に出す思い切った政策の細部まですべて賛同しているわけではありません。しかし政権与党とどこが違うのかよくわからない中途半端な政策を提示していては野党の存在意義が無いし、世の中は変えられません。れいわ新選組が敢えて高いボールを投げ続けることが大切なのだと考えます。(政策の具体的な中身については個々に述べて参ります)

それにしても、衆院選を目前に控えた今も、れいわ新選組の名前が浸透していないのが悔しいです。大政党であっても歴史の長い政党であっても必ずしも国民のための政治をやれるわけではないということはコロナ禍を経て明白になったというのに、新しい小さな政党に期待をして頂ける方はそう多くはありません。実績がありませんからね。(本当はあるのですが)

「れいわはよくわからないけど、安井みさこが選んだ政党なら大丈夫」と思って頂けないとしたら、自分自身の力不足に他なりません。引き続き、ホンモノの政治、ホンモノの好景気、ホンモノの生きているだけで良かったと思える社会を多くの方に知って頂くために頑張ります。皆さんの思いを聞くことが最優先です。それがれいわ新選組の真骨頂ですから。いつでもお気軽にお声掛け下さい。

2021年9月吉日
前参議院議員 れいわ新選組衆議院愛知10区総支部長
安井美沙子

Facebook

PAGETOP
Copyright © 安井美沙子公式WEBサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.